2008年01月06日

新年

あけましておめでとうございます。
2008年賀状.jpg
今さらながら新年のご挨拶を。


いやぁ、いったんブログ書かなくなると、書く気起こらないねぇ。
2008年のブログの女王になるのは早くもあきらめムードだわ。
んまぁ、日記を書きたいワケでもないので、毎日書く気もないんだけれどさ。
そもそも、パソコンに向かってキーボードを叩く習慣がなくなっちゃったんだよな。
それに、会社に入ってしまったら、一週間の流れができあがってしまって、日々の変化があまりなくなっちゃった。
仕事のことを書く気もないし、かといって、休日はたいしてオモシロイことしているわけでもなく。


・・・
と、2008年のっけから、こんなネガティブモードじゃいかん!!!

ということで、正月らしく、今年の抱負でも書いてみようかしら。

@「村田さんステキ揺れるハート」って5人以上に言われる
A2007年のことを話すとき、「今年のさぁ」って言い間違えない
Bひねくれた性格を少し矯正する
C新しい趣味や特技を身につける
D少年の心を忘れない

達成度の難しい順にあげてみました。
おーし、今年もガンバルゾー!

posted by むら at 02:07| ☔| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

衝動買いor妄想買い

本屋でのこと。

お客:「・・・ミン入荷しましたか?」
店員:「売れちゃったんですよー」
お客:「入荷の予定とかあります?」
店員:「ええと、たぶん問い合わせてもないと思うんですよね・・・すぐに作るわけではないと思いますし・・・」

そんな感じの会話。
おじさんと若い店員のやりとり。

気にしていない会話っていうのは、最初の音を聞き逃すことが多い。
だから、電話に出るときも、「はい、○○です」「もしもし、▲▲です」って、相手が聞き取りやすいように、名乗る前に一言置くわけだ。

・・・本屋なのに、作るとか作らないとか、って何のことだろ??
・・・本のことじゃなきゃ、何かのカードとかゲームとかの類のことかな??
・・・おじさんが欲しがるもので、売り切れちゃうような人気のもの??

妙に気になる。なんだろう?なんだろ??
ルミン・・・テルミン・・・そんな感じに聞こえた気がする。
テルミンだとしたら、ずいぶん可愛らしいね。
何かのキャラクター?フィギア?
そういや、あのおじさん、ちょっとオタクっぽかったかも。

そんなことがあった後、ヴィレッジバンガードに寄った。
相変わらずいろんなものに目が釘付けになるが、その中でもひときわ輝いて見えたのがコレだ。
61hNOVfGAML._AA240_.jpg

おー、テルミン!!

おじさん=大人!
オタク≒科学好き?

さっき妄想していたミニスカで目がくりっとでかい妖精テルミンは一瞬のうちに消え去りました。
代わって、この表紙の怪しげなおじさんがテルミンだなんて。
このギャップのせいか何なのか、すごくこれが欲しくなった。

長野の貧乏暮らしの頃から、本屋で「大人の科学」シリーズを見るたび、「欲しいなぁ」って思っては、「これに2000円使うんなら、3日は夕飯抜きだな」ってことで、買うのをためらってきた。

でも今は昔のオレじゃない!
テルミン1人と野口2人をトレードすることは厭わないぜ。


まだ、組み立ててはいないけれど、テルミンが楽しみだ。
小山田圭吾も矢野顕子も出てるし、きっとステキな音が出るんだろうな。


posted by むら at 23:55| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月14日

思い出のバルサミコ

久しぶりの料理デー。
やっぱストレス解消にはクッキングだね。

平日は帰宅が0時頃だから、ちゃっと食ってちゃっと寝るしかないんだよね。
一人で外食して帰るのもヤだし、昼も夜も外食じゃ健康に悪いからさ。
その点では実家暮らしは助かる。そこから夕飯作ってたら大変だもん。

IMG_4152.jpg

「鶏ときのことホウレン草のバルサミックソテー」
         &
「あさりとブロッコリーの塩パスタ」

ソテーの方は、前にちょっとこじゃれた飲み屋でこんな感じの食べて、美味しかったんだよね。
バルサミコって今まであんまり使い方分からんくて、でもインターン先のアメリカのホテルじゃしょっちゅう使っていて、「なるほどねー」って感じた。
あと、バルサミコはアメリカでのちょっとした思い出なのさ☆
んで、お店で食べてみたら、うーんグッド!
てなわけで、真似してみたのです。

パスタの方は、いたってシンプルに、塩コショーのみ。
あとはあさりの味が出てるからオッケーよ。
posted by むら at 23:32| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

ショック・・・

ジョニーがロッテから離れてしまうようです。
ケガからの完全復活が思うようにいかず、6年もの間をほぼ2軍で頑張っていたけれど、戦力外通告とは本当に残念。切ないね。

現役続行を希望しているから、どんな形であれ、ジョニーが頑張り続ける限りは応援します!
小宮山みたいにカムバックもありだよね。

もう一度、あの魂の投球を見たいです。
特別野球ファンではないけれど、黒木のピッチングは見ていて心が震えた。

仮に引退することになったら、東京ドリームスに入って、村田兆治とともに、すんごいピッチングを続けてほしいな。
posted by むら at 23:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

道に迷って未知との遭遇

最初の1週間の勤務が終わりました。ひとまず無事に。
そりゃ、まだ何も任されていないので、何かあったら困るんだけれどね。
で、今はばっちり3連休です。でも、特に予定がありません・・・
今日はスーツ買ったりネクタイ買ったりして過ごしました。

アメリカに居たときには、まさかスーツを着ることになるなんて、思いもよらなかったよね。
大学出て普通の就職をせずにいて、その後ふらっと旅立っちゃって、そのままあっちの世界で仕事をする人生になるのかなぁなんて思ったりしていたからさ。
でも、なかなかいいモンです。見た目だけはデキる男風になって、少しはモテるようになるかな♪
ただ、スーツ必須の会社ではないので、だんだんと緩くなっていっちゃうかも。。


ブログで仕事のこととかあまり書く気はないんだけれど、最初くらいはいっかな。

ご存知の通り、これまでは比較的フリーダムな暮らしをしてきたので、ビジネスマンなんてのは対極の存在だった。
いや、決して交わることのない「ねじれの位置」の関係と言った方がいいかもしれないね。
同じ土俵には上がれない=同一平面に乗れない存在だもん。
    ____
   /      / |
 /____/  |
 |      |  |  ←ねじれの位置(中1数学より)
 |      |  /
 |____| /
(↑特に意味はない。ちょっとしたアスキーアート気取り。)


それが何を間違ったか(いや間違ってはいない!)、今は同一平面上にいる。
いやぁ、困った。何をどうして、何がどうなって、これからの仕事が進んでいくのか??皆目検討がつかない。
まさに海図を持たずに航海へ出た気分だ。。

・・・うーん、古い。いかん、比喩が古典的すぎる。

●酔い止め飲まずに航海へ出た気分だ。
    ・・・おれにとってはこっちの方が深刻だなぁ。
●携帯持たずに待ち合わせに行った気分だ。
    ・・・あんまり苦にならないなぁ。
●財布を持たずに街へ出る気分だ。
    ・・・サザエさんは毎週しているわけだしなぁ。
●パンツを履かずに街へ出る気分だ。
    ・・・まぁ、これはこれで悪くはないなぁ。


とりあえず、そんなわけだ。

バイトでも関われる仕事ならともかく、おれにとって「企業」ってやつは、姿の見えない何か巨大なお化けにすら感じていたのだ。
だからといって、なめられちゃいかんということで、平然を装って振舞っていた。
内心、ドキドキなんだけどね。

出勤3日目の夜、急遽、チーフ会議にオブザーバーとして同席させてもらえることになった。


「さて、今度のクライアントについてだが・・・」
「どういったコンセプトで行きましょう?ニッチなマーッケトですからね」
「我社のコアコンピタンスをつくるためにも、タスクフォースしてやっていかねば」
「私としてはスピンアウトしていくのも必要かと」
「そんな話なら私はオミットするよ!」
    ・
    ・
    ・
(おれの妄想。ビジネス用語を検索して見たものの、使い方がわからず。)


と、こんなふうにカタカナ語の飛び交うオトナな会議を想像していてのだけれど、意外なことに話は泥くさい方向へ。
怒声?も飛び交う侃々諤々の会議に。

えっ、何、楽しいじゃん!(←おれの心の声)

姿の見えないお化けの中で仕事をしていると思っていたけれど、生身の人間なんだって分かって、急に親近感がわきました。

ちょうど組織変革があったばかりで、方向性を巡っての議論だったようで、こんな展開だったみたい。
いつもはこんなじゃないらしいけれど。
でも、こういう場面に居られたのはよかったなぁ。
部長にも、
「入社してすぐにこんな場面に居られたのは貴重だよ。次回はガンガン発言してもらうよ(笑)」
と言われました。


そんなわけで、僕は元気にやっています。
posted by むら at 23:43| ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

おやすみナシゴレン

安倍首相、辞任したんだってね。ダサいわぁ。
・・・今頃こんな話題?って思われるかもだけど、そのニュース今日知ったんだもん。
だって海外に行っていたしぃー☆

インドネシアに1週間の旅行に行ってきたよ。バリ島ダイビング&ボロブドゥール遺跡探訪の旅。

来週頭から入社なので、その前にたっぷり遊んで英気を養っておこうと思って。んで、急遽航空券発券&即出国というふうなドタバタの旅。
海外慣れしてきたせいか特に何のトラブルにも出会えずに、楽しく過ごしてきたよ。

ただ、バリ島は外国じゃないね、ありゃあ。基本的に日本語ですべて事足りる。
ロスメン(安宿)のスタッフも、ダイビングのガイドも、食事に入った店も、道すがら声をかけてくるショップやタクシーの客引きも、すべて日本語。こっちが英語で頑張ろうとしても、向こうがおれの能力を見限って日本語で返す始末。
しかもうまい。デーブスペクターより上手。中でも屋台のおじちゃんはかなりの芸達者で、ネコや携帯のものまね、変な顔、ダジャレ、等々には脱帽でした。
それと、アンコールワットの町でも感じたけれど、日本人観光客が多いところってのは、流行語があっというまに広がるんだね。
「どんだけぇ〜」は8割のバリ人が使っていた。ちょっと古いけど「あ〜い、とぅいまてぇ〜ん」とかも。夜の挨拶に「こんばんみ」は根強い。でも小島よしおは見かけなかったなぁ。

まぁ、そんなバリ島自体はまったく目的とは違うので、ダイビングをたっぷり満喫できたのは本当に最高だったな。
1日目はボートで隣りの島のヌサペニダ・クリスタルベイに行ってのダイブ。例によって船酔い波酔いでグロッキーだったけれど、海に潜ればもうそんなの関係ない。熱帯の魚のオンパレードでご機嫌に。
ここはマンタ・マンボウの遭遇ポイントでそれを期待していたら、実際にマンボウが出現!先日水族館で見たマンボウと同じだけど、ガラス越しじゃなく、一緒に泳げたのは貴重な体験。相変わらず味のある表情をしていたよ。

2日目は車で2時間近く移動してのビーチエントリー。第二次大戦で沈められた米軍の戦艦があることで有名なトランベンの沈船ポイント。沈船は魚達の絶好の隠れ処になるので、ミクロからマクロまで幅広い生物環境でした。千匹以上のロウニンアジの魚群の中にお邪魔してしばらく一緒に泳いだり、イソギンチャクの中のカクレクマノミにちょっかい出したりね。エイにも出会ったよ。


そして旅の後半は場所をジャワ島・ジョグジャカルタに移しての遺跡巡り。世界遺産のボロブドゥール寺院とプランバナン寺院に。

とにかくでかい!それだけで感動だよね。すべて石造りだから、木造建築の日本寺院とは全然趣が違う。ボロブドゥールは仏教寺院で、回廊にある釈迦誕生から始まる物語のレリーフや数多くある石仏などは馴染みあるものだね。
ボロブドゥールでは史跡公園内のホテルで1泊して、翌早朝のサンライズツアーに参加した。一般には6時からの入場だけれど、このツアーは特別に5時から入ることができ、遺跡頂上で朝日を迎えることができた。昼間は観光客で騒がしい寺院内だけれど、このときだけは静かにゆったりとした時間を遺跡内で過ごすことができるのがよかった。

プランバナン寺院は現在寺院内へ入ることができなくなっていてそれが残念だった。保存・修復の点からも、あまりに大勢の観光客は害になるのだから仕方のないことだね。。
こちらはヒンドゥー教寺院なのだけれど、中を見れないので、シヴァ神・ブラフマー神・ヴィシュヌ神などの姿を拝めなかった。

ボロブドゥールもプランバナンもすごかったけど、アンコールワットと比べてしまうとちょっと物足りなさを感じちゃうな。。
でかさもそうだけど、周辺の遺跡の数とか、周りの雰囲気とか。
カンボジアのときは人生初の海外旅だったっていうのが、いろんな場面での感動が大きかったんだなぁ。
それに内戦の傷跡が残っている国全体の雰囲気が、いろいろと考えを巡らせることになったんだと思う。


あと、旅の目的として大事なのは「食」だね。
アジアン料理は大好きだから、今回も満喫してきたよ。
インドネシア料理といえばナシゴレン。というかそれしか知らなかったけど、1万8000もの島々からなる国だけあって、各地で食文化もだいぶ異なるみたい。
インドネシア全体はイスラム教徒がほとんどの国だけれど、バリ島はヒンドゥー教の島だから、当然食事も違う。牛は食べてはいけないもんね。
島中部のウブドゥで食べたバビグリン(豚の丸焼き)たっぷりのナシチャンプルー(ご飯と様々な副菜を一緒にしたもの)がさいこうに美味かった!
一方ジャワ島ではイスラム教のため豚は食べないので、鶏をよく食べた。インドネシア風焼き鳥のサテアヤムやアヤムゴレンが美味しい。
ただ、13日からラマダンが始まったので、日中は町歩きしていても屋台とかは出ていなくて、仕方なく旅行者が入るようなレストランで食べたりしていた。
あと、フルーツはやっぱりおいしいね。バナナ、パパイヤ、パイナップルなどなど。マンゴーやアボガドは時期じゃなかったから残念。


↓ 写真で旅紹介 ↓
IMG_3702.jpg
これからボートに
IMG_3700.jpg
バリのあちこちで見かける
IMG_3705.jpg
たまたま今日はカーニバル
IMG_3723.jpg
街中が人人人
IMG_3735.jpg
オネエ系のみなさん
IMG_3730.jpg
夕暮れどき
IMG_3771.jpg
ウブドの店先で
IMG_3777.jpg
ウブド王宮の主?
IMG_3781.jpg
バビグリンのナシチャンプルー
IMG_3772.jpg
マーケット
IMG_3768.jpg
建設中
IMG_3789.jpg
誰もいない・・・
IMG_3793.jpg
美術館にて
IMG_3806.jpg
ココナッツが入ったお餅
IMG_3810.jpg
アートな街路樹
IMG_3813.jpg
ワゴンにすし詰めのローカルバス・白タク営業?
IMG_3815.jpg
こっちはちゃんとしたバス・ストリートならぬバスミュージシャン
IMG_3818.jpg
ミーゴレンとサテアヤム
IMG_3821.jpg
ボロブドゥール正面
IMG_3827.jpg
回廊
IMG_3825.jpg
回廊壁のレリーフ
IMG_3842.jpg
頂上のストゥーパ群
IMG_3846.jpg
ストゥーパの中には石仏
IMG_3905.jpg
早朝の暗闇の中で
IMG_3919.jpg
サンライズ
IMG_3942.jpg
プランバナン遺跡群・ロロジョングラン寺院全景
IMG_3946.jpg
修復中
IMG_3979.jpg
プランバナン遺跡群・セウ寺院の門番
IMG_4007.jpg
首の取れた仏さんがたくさん
IMG_4035.jpg
プランバナンで観たラーマーヤナ舞踊劇
IMG_4042.jpg
決闘のシーン
IMG_4044.jpg
ゴレンジャーのショー!?
IMG_4092.jpg
博物館・教科書で見たジャワ原人
IMG_4113.jpg
ジョグジャカルタ市内の王宮
IMG_4128.jpg
王宮の中
IMG_4148.jpg
市内のデパートのゲーセン・日本語のままの機械ばっか
posted by むら at 23:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月04日

第2位!

久しぶりに本格登山をしてきた。目指すは日本第2位の標高を誇る「北岳」だ。事前に調べてみると、なかなかハードな登山工程のよう・・・
2泊3日で北岳⇒間ノ岳⇒農鳥岳へと縦走する予定でいたが、突然の風邪?で1日出発をずらして北岳だけの登山にした。
ただそのおかげで、9/3、4ともに天候にめぐまれたのは幸いだった。2日も5日も曇り雨模様だったので。

山に登るとゆっくり一人になれる。じっくり一人でいたいときは山に登るといい。とはいっても、登山経験はたったの3回なんだけれど・・・
出発も同じバスの人達とは敢えて30分くらい遅らせたので、下りの人とは数人すれ違ったが、山小屋に到着するまでずっと一人で登ることができた。
5時間登り続け、ようやく山頂手前の山小屋に着いたときの達成感はなかなかのもの。
今回は風邪薬を飲みながらの登山だったので、なおさら自分に勝った感があって、晴れ晴れしい。

その日のうちに山頂まで行こうと思ったが、午後になって霧が出始め、山小屋より上は何にも見えない状況に。
登頂は明日に回し、のんびりと3,000Mの空気を味わった。
初夏の花の盛りは終わり、紅葉にもまだ早い天候の安定しないこの時期にも、山小屋には15人ほどの登山者がいた。

「今日は焼けないなぁ〜」
なんてボヤいていたおじさんと世間話をしていると、日没間際に急に霧が晴れ、雲も動き出した。
さらに、夕日に照らされる反対側の山並みを撮ろうとカメラを向けると、
「おー、ブロッケン出てるじゃん」
と、先ほどのおじさんがおれの方をチラリ。
おれ自身はブロッケン現象なんて聞いたことしかなかったから、それに気づかずに写真を撮っていたのだが・・・
あぁ、何と感動的な夕焼けの瞬間。
日が落ちるとまた霧に包まれていった。

眠りにつく前に外に出ると、霧も晴れてたくさんの星がきらめいていた。
明日の御来光は期待できるな。

翌日は4時に起きて日の出前に山頂を目指す。
他の登山客は山小屋から日の出を見るようで、誰もまだ起きていない。
反対側にも山小屋はあるが、山頂に着くと誰もいなかった。
本当に自分だけの世界。自分だけの太陽。
山のパワーをひとり占めできた最高の瞬間だった。

登山者がわらわらと登ってきだしたので、登りとは別のルートで降りることにした。
こちらは距離は短いがかなり険しいルート。
登山は下りがキツいというのは分かっていたが、本当にキツかった。膝がカクカクしている。
これはしばらく筋肉痛を覚悟だな。



IMG_3458.jpg広河原のバス停
IMG_3462.jpg遠くに見えるのが北岳
IMG_3475.jpg途中休憩した白根御池
IMG_3487.jpg9月なのにまだ雪渓が!?
そして帰りのルートでここを通ることになるとは・・・
IMG_3502.jpgラストスパート
IMG_3511.jpg北岳肩ノ小屋、標高3,000M
IMG_3510.jpg山小屋の玄関
IMG_3522.jpg奇跡の夕焼け
IMG_3529.jpg初ブロッケン!
IMG_3537.jpg完全に日が落ちる数十秒前
IMG_3567.jpg朝日が昇るまであと40分
IMG_3583.jpg太陽がぴょこって出てきた!
IMG_3594.jpg朝日と富士山のコラボ
IMG_3636.jpg富士山ピンで
IMG_3598.jpg記念に一枚、カシャ
IMG_3637.jpg朝日とともに鳥たちもやってきた
IMG_3650.jpgこんな高いとこまでご苦労さん
IMG_3661.jpgいよいよ下るときが・・・
IMG_3674.jpg雪渓の脇を延々と下る、しんどい
IMG_3683.jpgお花その@
IMG_3686.jpgお花そのA
IMG_3484.jpgお花そのB
posted by むら at 23:33| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

報告。

この度、晴れて社会人になることになりました。
いや、今までも社会人ではあったけれどさ、あんまり社会性を身に付けていなかったから・・・

企業勤めをしていくことに不安は大アリだけれど、大学新卒と同じか、ある意味それ以上に扱いづらいであろうおれを認めてくれたわけだから、その社長の目を信じて企業人をがんばってみます!
アメリカから帰ってきて、ふと目に入ったこの1社だけに選考を応募していたのだけれど、それがこういった形で結んだということは、今の自分にとってすごく意味のあるタイミングと縁なんだろうなと思っているんだ。

話を聞いてくれたり、相談に乗ってくれたみんな、どうもありがとうね!
posted by むら at 20:21| ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月23日

STOP温暖化

最近俄然食欲旺盛だ。
バイトのある日は1日4食、普通のボリュームで食べてる。
でも、お腹まわりがヤバくなる気配も今のところないから、よしとしよう。
相変わらずの痩せの大食い体質(まぁ、痩せって程でも大食いってほどでもないけど)だ。
燃費が悪いこのカラダ・・・
環境や温暖化を語る以上、ハイブリッドな体に生まれ変わらなきゃなぁ。
posted by むら at 23:54| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

クッキング日和

今日もバイトが休み。でも、やっぱりやることがな〜い!!
ということで、今日はちょっくら凝った料理でも作ろうかなということで、フレンチに挑戦してみたよ。
カナダのナイアガラで買ってきたちょっと高めのワインもあることだし、それに見合う料理を作らなきゃって思ってね。

「エビとトマトコンフィのマリネ」
IMG_3444.jpg
「メカジキとさわらのポワレ〜ブールブランソース」
IMG_3449.jpg

IMG_3456.jpg


フレンチなんて作ったことないし食べたこともないから、これで正解なのかはよく分からんのだけど、何はともあれ美味しかったからバッチシ!
調べたレシピの材料は揃わなかったけど(スーパーの品揃えと予算の都合上・・・)、安い食材だってポイントを外さなきゃうまくできるもんだよね。

料理って楽しいね。
特に食べてくれる相手がいるとなおさら楽しい。久しぶりに家族に作ってみたよ。
それに料理していると気分がリフレッシュする。買出しも含めて楽しい時間が過ごせる。
初めて挑戦の料理のときとかは、クリエイティブな感覚がすごくうずく。脳も活性化しているんだろうな。
今日のブールブランソースなんて初めて聞いたけど、味見しながら適当に調味料混ぜてみたらそれっぽい美味しい味になった。
そんなときちょっぴりいい気持ち♪自分のセンスにほれ惚れ〜♪

ワインも美味しかったし、料理も楽しかったし、なかなかいいお休みのを過ごせたよ。
我ながらいい趣味を持ったもんだ!

いやぁ〜、料理ってほんっとうにいいもんですねぇ〜!
posted by むら at 22:32| ☁| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

普通の日々

純粋に今日の日記でも書いてみようかな。

今日は朝からシーパラダイスのバイトでした。
そして、勤務中に足を滑らせて海に落ちました。
全身ずぶぬれです。
暑かったのでちょうどよかったです。

以上。
posted by むら at 23:24| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

in じゃぱん

こんばんは。
今日も蒸し暑いですね。
外では虫が鳴いていますね。
大相撲横綱対決は朝青龍が勝ちましたね。
 ・
 ・
 ・
さりげなく書き出そうと試みたけれど、何だかうまくいかないなぁ。
まだ時差ボケでボーっとしてるのかなぁ。

あ、そうだ!
先週アメリカから帰国しました!
無事ですよー。

報告が遅くなっちゃった。もう1週間が過ぎるんだよね。
たくさん書かなきゃいけないことあるなーって思ってたら、ブログ開く気が遠のいちゃってさ。
mixiとかも開くと面倒そうだから、そーっとしといたの。

そう、書かなきゃって思っちゃうとダメなんだよね。
別に、〆切があって読者がいてっていうわけじゃないんだからねぇ。
いやいや、アメリカでのことはたくさんたくさん書きたいことあるから、それはそのうち書くよ。
でも、今日はとりあえずの近況でも。


日本に帰ってきたってだけじゃなくて、7年ぶりに実家暮らしをすることになったから、なかなか落ち着かない。
引越ししてきたままで旅立ったから、実家の部屋には身の回りの物もまだ全部は揃ってないんだ。
スーツケースもまだ開いただけで、中の荷物も片付けずに転がってるよ・・・
いや、決して片付け嫌いなんじゃないよ。名残惜しいから思い出に浸ってるの!

それにしても、お気楽な一人暮らしの家じゃないんだなぁって、しみじみ実感しているよ。
メシ作らんでいいのはラクだけどね。

そんな実家暮らしじゃ、何にもやることないから、とりあえずフヌケにならないようにと、さっそくバイトを始めてみた。

先週は3日間参院選の世論調査の仕事。
コンピューターが無作為に選んだ番号にひたすら電話をかけるの。朝から晩まで一日中。
「ごめんなさーい。今忙しいからー」
「うちはそういうのは結構です」
「そんなの答えられるわけないだろ」
ってな具合に、たいていの人は断るね。当たり前だけど。
でも、一度断られた相手にも、何度も電話するの。粘って調査に答えてもらうか、はっきりと断られるかされるまで。
何百件と断られたから、なかなかいい精神修行になったよ♪
そんな中にも、「わざわざご苦労様です」って最後に言ってくれる方もいて、ホッとすることもあったね。

それに、世の中の人のいろんな意見を聞くことができて、ためになった。
何が何でも自民党な人も、民主党に頑張ってもらいたいって人も、バリバリの公明党な人も、選挙には無関心な人も、みんな有権者なわけで、それぞれの一票を投じたり投じなかったりするんだなぁ、って。

そして、明日からは夏休みの短期で、八景島シーパラダイスでバイトすることに決まったよ。
夏の炎天下で乗り物の案内とかするの。毎日汗だくだなこりゃ。


こんな感じで、早くも日本での生活が一週間経ちました。
ちょっと前までおれもアメリカンだったけれど、今じゃすっかり典型的な日本人に戻っちゃってるよ。
昨日もエレベーターに乗るなり、階数表示を一点見つめして黙りこくってたもんね。
今日だってスーパーのレジでお釣りをもらうとき、小声で「どうもー」って会釈するだけだったしね。
アメリカで買い物のときは、
「Thank you! Have a good day!」
なんてにっこり笑顔でしゃべってたのに。
完全にスイッチオフになったわ。

まぁ、それじゃイカンってことで、せっかく英会話の面白さを感じたのを機に、英語の勉強を少しずつやろうと思って本を買ってきたよ。IMG_3387.jpg
今回のインターンは、初めての英会話でも何とかやってこれたから楽しかった。
アメリカンの従業員はみんないいヤツで、言葉の壁は壁にならないって感じることができた。
でも、少し深い話をしようと思うと、英語力の無さを痛感するんだよね。
それに耳が英語の音になかなか慣れない。最後までそうだったかな。
悔しいから、これを機にちょっと頑張ってみようっと。
いつもの三日坊主にならないように・・・

posted by むら at 23:06| ニューヨーク ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月06日

from アメリカ2

新緑の候、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

そんな日本的な挨拶から離れること早1ヶ月半。
だんだんと帰国後のことが心配になってきています。ちゃんと日本での暮らしに戻れるのかなぁ…
まぁ、もともと社会に適応できていたかという疑問はさておき。。
そもそも、長野で3年間暮らしていて東京に戻って生活することが想像できなかったわけで、だったらいっそのこと針を振り切っておこうと思っての海外逃亡だったんだよね。

でも、やっかいなことに頭は極めて常識的な感覚に縛られているから、たとえ海外逃亡しても完全に自由人としての発想には辿り着かず、逆にブレーキがかかっているから、いつまでたっても満足に至らないのかもしれないな。
自由人ではなくフリーター的な現状になっているかも…マズイな。
事実、帰国したら就職活動という思惑も一応はあったけれど、今の気分としてはナッシングなわけでして。
ま、すぐに就職ってつもりでもなくて、ワーホリとか何かしらのことも考えていて、それをじっくり考えるためのアメリカでの3ヶ月だったんだから、気楽に前向きに自分の心と会話していけばいいよね♪


さて、長い長い前置きがすんだところで、近況報告をいくつか。

<シェフのMarkが今週で辞めることに!!>

おれのインターン生活の最初から一緒にキッチンで仕事をしていたMarkなんだけれど、何と今週いっぱいで去っていってしまうのです。
Why?と聞くと、"Because, Mr.K is craizy."
(Mr.Kというのはこのホテルの日本人オーナーで、本当にcraizyなの。そのへんの事情はまた帰国後にブログでまとめようかと。)

おれも料理が出来るから夜はずっとキッチンでの仕事をやっていてさ、英語ができないながらも毎日Markと仕事をしていて仲良くなったんだよね。
最初はインターンの日本人なんかにお客さんに出す料理なんて任せられないって感じだったけれど、毎日ひたすら皿洗いをして、Markの横で彼の料理の手順をじっと見て、の繰り返し。
で、「その料理、作り方覚えたから、今度はおれに作らせてくれない?」
って聞いたら、訝しがりながらもOKをくれて、そうやって仲良くなれたんだ。
そういう料理人魂は日本でもアメリカでも同じで、ちゃんと認めてもらえるんだよね。
おいしいチーズケーキのレシピも直筆で書いてくれたし。

そんなMarkが去ってしまうのが寂しいね。
それに、ここ2週間はおれもずっとキッチンから外されて、外でのメンテナンスワーク三昧だから、最後に一緒に仕事をすることもできないんだよ。
おれもMr.Kにたてつきすぎたからな…



あ、今日はこれ以上ネット環境にいられないや…
また後日。。





posted by むら at 05:36| ニューヨーク ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

from アメリカ

Hello! How are you?

すっかりアメリカンになりました。
体重も着実に増え、言動もストレートになり、いい感じで陽気に暮らしています。

未だに何で自分がアメリカにいるのかよく分かっていないんだけれど、前にも言ったとおり、ニューヨーク州の片田舎のゴルフリゾートホテルでインターンのような形で仕事をしているよ。

最初は全く英語が聞き取れなかったのに、1ヶ月近く経った今では、だいぶリスニングができるようになって、自分自身の成長がすごく嬉しい毎日。
しゃべる方は仮にも塾やカテキョで英語も教えていたりしたので、知っている単語と文法を組み合わせて、まずまず会話ができているよ。
それと、日本では絶対にしないような身振り手振り・アイコンタクトで会話しているから、こんなオーバーアクションなおれはみんなには見られたくないね。。

仕事の方も、ホテルだけあってたくさんの従業員がいて毎日のやりとりが楽しいね。
都市部から雇われたプライドの高いマネージャー達もいれば、ローカルの気のいい連中(仕事はスローだけれど)もいて、韓国籍の新卒の女の子や国際結婚してきている日本人の方もいて、多種多様な人間模様が面白い。
このままドラマとかにしてもいいんじゃない??

それに、今回のインターンプログラムは日本からも何人も参加していて、4月中旬の先発隊はおれを含めて3人だったんだけれど、先週新たに6人がやってきてワイワイやっています。
みんな20代前半〜半ばの同年代だから、すっかり打ち解けて、学生のころに戻ったようなフレッシュな気分だよ。


とまぁ、そんなかんじで、今日たまたまネットに触れられる環境にいたので、近況報告がてら1ヶ月ぶりにupしてみました。
無事にいきているので、御安心を。
まぁ、楽しいことばかりじゃなくて、納得のいかないことや矛盾にすぐ噛み付いてしまっていたから、一悶着、二悶着、三悶着…もあるんだけれどね♪
その辺も相変わらずのおれなので、ご安心ください。


それと、姐さん事件です!
来て1週間後くらいに、すぐ近くで殺人事件がありました。
警官が3人撃たれてたという事件。。
それで、このホテルの付近を逃走しているということで、全館クローズになったりも。
最後は空家に立てこもって焼身自殺をしてしまったんだけれど…
その燃えた家は、うちのゴルフコースから徒歩5分位の距離でした。
州警察もマスコミもやってきて、けっこうな全米のニュースになったようです。

不謹慎ながら、少しドキ☆ドキしているおれでした。
posted by むら at 04:33| 長野 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

春を食う

「ふきのとうとアンチョビのパスタ」IMG_1622.jpg
ふきのとうが採れたのでパスタにしてみた。
6つしかなかったから天ぷらにするほどではないなと思ってね。
うーん、このほろ苦さが何ともたまらん!!
春の味だねぇ。



posted by むら at 22:34| 長野 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

雪だー

この土日はうちのNPOの事業で高校生のジュニアリーダー養成事業を行いました。
直前にキャンセルが相次いで参加者が10名を切ってしまって、最初はどうなることかと思いながら始まったんだけれど、終わってみるとけっこう盛り上がってよかったな。

参加者全員女の子だったんだけれど、一応進学校の高校の子たちと農業高校の子たちと、全然雰囲気が違うの。
農業高校の子たちは、野外活動もあるっていうのになぜか素足にミュールで来ていたし・・・
一方、進学校の子たちはまじめそうな感じの子たち。
活動が盛り上がるかどうか、本当に心配だったよ・・・

でも、まぁ、そこはおれの腕の見せどころ!?
だんだんと乗せることができました★
ワークショップのファシリテートもだいぶ板についてきたなぁ、と自画自賛しています。

んで、高校生の活動だってのに夜中までずっとしゃべって遊んでいました。
ジェンガが盛り上がったわ。

日曜の朝起きると、何と雪が30cm以上積もっていた!!
雨になるという予報だったけれど、さすが自然の家は標高が高く、大雪でした。
せっかくだから2日目のプログラムを少しだけ早く切り上げて、みんなで歩くスキーを楽しんだよ。
今年初のスキーができてよかったよかった。

DCF_0014.jpgDCF_0013.jpgDCF_0015.jpg









posted by むら at 23:06| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

難しいね

今日は株価大暴落で大変だったよ。
いや、ほんとに株って難しいもんですねぇ。
今回もいい勉強になったと思って、経済のことをもっと敏感にならなきゃね。
ニュースステーションも最初の話題がコレだったから、勉強になったよ。

そんなガックリな気分とは関係ないけれど、久々に納豆パスタを作って食べたら美味しかったので、ちょっとハッピ。
IMG_1615.jpg
posted by むら at 23:45| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月24日

NPOの活動のため、高遠の自然の家に行ってきた。
町部では、雪は日陰に少し残っているくらいで、もうすっかり春モードだけれど、さすがに標高1200m以上の自然の家は、まだ冬でした。
ソリすべりは雪というより凍っていてスピードが出て面白かった!

そんなわけで、冬らしい写真をどうぞ。
IMG_1549.jpgIMG_1557.jpgIMG_1563.jpgIMG_1565.jpgIMG_1612.jpg

posted by むら at 20:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月18日

恵みの雪が・・・

IMG_1426.jpg
昨夜から早朝にかけて、みぞれまじりの雪が降った。
5cmくらいは積もったかな。
でも、日中でほとんど溶けてしまったよ・・・儚いね。

今年は暖冬で、せっかく積もった雪も、ほとんど溶けちゃってる。
先週は春一番も吹いていたしね。
今日は、花見の人気スポット城址公園に、ツアーガイドさん達が下見に来ていたよ。気が早いわ。

今度の週末は自然の家で活動だけれど、雪の具合次第だから、どうなるかなぁ。
ソリ遊びくらいはできるとは思うけれど・・・

雪よ降れー!!
posted by むら at 21:23| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

鹿

今日の夕飯は「鹿シチュー」を作った。
昨日は「鹿ステーキ」。

玉ねぎのすりおろしに漬け込んだり、ハーブとワインに漬けたりしたから、独特の臭みはすっかり消えていた。
ただ、ステーキはやっぱスジっぽくて、噛みごたえがあったね。
シチューは圧力鍋で煮たから、ばっちり。

久しぶりの鹿肉。いつも活動に参加の子のおじいちゃんが猟師で、お迎えのときに大量に持ってきてくれたのだ。
で、スタッフで山分け。一度に食べきれないから、あと半分は冷凍保存。

最近では「ジビエ料理」とかいって、人気が出ていたりするね。
鹿肉はというと、そんなに美味しいというものでもないけれど、しょっちゅう食べられるものではないので、ちょっと嬉しいね。
寄生虫などの関係で、最近では猟で獲ってもあまり出回らなくなっているからさ。

鹿肉って、脂身が少なくて、高たんぱく低脂質でヘルシーらしい。獣肉の臭みはあるけど、ちゃんと下処理すればなかなかいい食材だね。
猪肉は一度しか食べたことないけれど、あれはかなり美味いね。豚肉を濃厚にした感じ。あぁ、また食べたいわぁ。

ちなみに伊那では昔から馬肉が有名です。
馬肉と鹿肉を一緒に食べてみようかな。
posted by むら at 23:22| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。