2007年09月15日

おやすみナシゴレン

安倍首相、辞任したんだってね。ダサいわぁ。
・・・今頃こんな話題?って思われるかもだけど、そのニュース今日知ったんだもん。
だって海外に行っていたしぃー☆

インドネシアに1週間の旅行に行ってきたよ。バリ島ダイビング&ボロブドゥール遺跡探訪の旅。

来週頭から入社なので、その前にたっぷり遊んで英気を養っておこうと思って。んで、急遽航空券発券&即出国というふうなドタバタの旅。
海外慣れしてきたせいか特に何のトラブルにも出会えずに、楽しく過ごしてきたよ。

ただ、バリ島は外国じゃないね、ありゃあ。基本的に日本語ですべて事足りる。
ロスメン(安宿)のスタッフも、ダイビングのガイドも、食事に入った店も、道すがら声をかけてくるショップやタクシーの客引きも、すべて日本語。こっちが英語で頑張ろうとしても、向こうがおれの能力を見限って日本語で返す始末。
しかもうまい。デーブスペクターより上手。中でも屋台のおじちゃんはかなりの芸達者で、ネコや携帯のものまね、変な顔、ダジャレ、等々には脱帽でした。
それと、アンコールワットの町でも感じたけれど、日本人観光客が多いところってのは、流行語があっというまに広がるんだね。
「どんだけぇ〜」は8割のバリ人が使っていた。ちょっと古いけど「あ〜い、とぅいまてぇ〜ん」とかも。夜の挨拶に「こんばんみ」は根強い。でも小島よしおは見かけなかったなぁ。

まぁ、そんなバリ島自体はまったく目的とは違うので、ダイビングをたっぷり満喫できたのは本当に最高だったな。
1日目はボートで隣りの島のヌサペニダ・クリスタルベイに行ってのダイブ。例によって船酔い波酔いでグロッキーだったけれど、海に潜ればもうそんなの関係ない。熱帯の魚のオンパレードでご機嫌に。
ここはマンタ・マンボウの遭遇ポイントでそれを期待していたら、実際にマンボウが出現!先日水族館で見たマンボウと同じだけど、ガラス越しじゃなく、一緒に泳げたのは貴重な体験。相変わらず味のある表情をしていたよ。

2日目は車で2時間近く移動してのビーチエントリー。第二次大戦で沈められた米軍の戦艦があることで有名なトランベンの沈船ポイント。沈船は魚達の絶好の隠れ処になるので、ミクロからマクロまで幅広い生物環境でした。千匹以上のロウニンアジの魚群の中にお邪魔してしばらく一緒に泳いだり、イソギンチャクの中のカクレクマノミにちょっかい出したりね。エイにも出会ったよ。


そして旅の後半は場所をジャワ島・ジョグジャカルタに移しての遺跡巡り。世界遺産のボロブドゥール寺院とプランバナン寺院に。

とにかくでかい!それだけで感動だよね。すべて石造りだから、木造建築の日本寺院とは全然趣が違う。ボロブドゥールは仏教寺院で、回廊にある釈迦誕生から始まる物語のレリーフや数多くある石仏などは馴染みあるものだね。
ボロブドゥールでは史跡公園内のホテルで1泊して、翌早朝のサンライズツアーに参加した。一般には6時からの入場だけれど、このツアーは特別に5時から入ることができ、遺跡頂上で朝日を迎えることができた。昼間は観光客で騒がしい寺院内だけれど、このときだけは静かにゆったりとした時間を遺跡内で過ごすことができるのがよかった。

プランバナン寺院は現在寺院内へ入ることができなくなっていてそれが残念だった。保存・修復の点からも、あまりに大勢の観光客は害になるのだから仕方のないことだね。。
こちらはヒンドゥー教寺院なのだけれど、中を見れないので、シヴァ神・ブラフマー神・ヴィシュヌ神などの姿を拝めなかった。

ボロブドゥールもプランバナンもすごかったけど、アンコールワットと比べてしまうとちょっと物足りなさを感じちゃうな。。
でかさもそうだけど、周辺の遺跡の数とか、周りの雰囲気とか。
カンボジアのときは人生初の海外旅だったっていうのが、いろんな場面での感動が大きかったんだなぁ。
それに内戦の傷跡が残っている国全体の雰囲気が、いろいろと考えを巡らせることになったんだと思う。


あと、旅の目的として大事なのは「食」だね。
アジアン料理は大好きだから、今回も満喫してきたよ。
インドネシア料理といえばナシゴレン。というかそれしか知らなかったけど、1万8000もの島々からなる国だけあって、各地で食文化もだいぶ異なるみたい。
インドネシア全体はイスラム教徒がほとんどの国だけれど、バリ島はヒンドゥー教の島だから、当然食事も違う。牛は食べてはいけないもんね。
島中部のウブドゥで食べたバビグリン(豚の丸焼き)たっぷりのナシチャンプルー(ご飯と様々な副菜を一緒にしたもの)がさいこうに美味かった!
一方ジャワ島ではイスラム教のため豚は食べないので、鶏をよく食べた。インドネシア風焼き鳥のサテアヤムやアヤムゴレンが美味しい。
ただ、13日からラマダンが始まったので、日中は町歩きしていても屋台とかは出ていなくて、仕方なく旅行者が入るようなレストランで食べたりしていた。
あと、フルーツはやっぱりおいしいね。バナナ、パパイヤ、パイナップルなどなど。マンゴーやアボガドは時期じゃなかったから残念。


↓ 写真で旅紹介 ↓
IMG_3702.jpg
これからボートに
IMG_3700.jpg
バリのあちこちで見かける
IMG_3705.jpg
たまたま今日はカーニバル
IMG_3723.jpg
街中が人人人
IMG_3735.jpg
オネエ系のみなさん
IMG_3730.jpg
夕暮れどき
IMG_3771.jpg
ウブドの店先で
IMG_3777.jpg
ウブド王宮の主?
IMG_3781.jpg
バビグリンのナシチャンプルー
IMG_3772.jpg
マーケット
IMG_3768.jpg
建設中
IMG_3789.jpg
誰もいない・・・
IMG_3793.jpg
美術館にて
IMG_3806.jpg
ココナッツが入ったお餅
IMG_3810.jpg
アートな街路樹
IMG_3813.jpg
ワゴンにすし詰めのローカルバス・白タク営業?
IMG_3815.jpg
こっちはちゃんとしたバス・ストリートならぬバスミュージシャン
IMG_3818.jpg
ミーゴレンとサテアヤム
IMG_3821.jpg
ボロブドゥール正面
IMG_3827.jpg
回廊
IMG_3825.jpg
回廊壁のレリーフ
IMG_3842.jpg
頂上のストゥーパ群
IMG_3846.jpg
ストゥーパの中には石仏
IMG_3905.jpg
早朝の暗闇の中で
IMG_3919.jpg
サンライズ
IMG_3942.jpg
プランバナン遺跡群・ロロジョングラン寺院全景
IMG_3946.jpg
修復中
IMG_3979.jpg
プランバナン遺跡群・セウ寺院の門番
IMG_4007.jpg
首の取れた仏さんがたくさん
IMG_4035.jpg
プランバナンで観たラーマーヤナ舞踊劇
IMG_4042.jpg
決闘のシーン
IMG_4044.jpg
ゴレンジャーのショー!?
IMG_4092.jpg
博物館・教科書で見たジャワ原人
IMG_4113.jpg
ジョグジャカルタ市内の王宮
IMG_4128.jpg
王宮の中
IMG_4148.jpg
市内のデパートのゲーセン・日本語のままの機械ばっか
posted by むら at 23:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55665737

この記事へのトラックバック


Excerpt: ブラフマーブラフマー (Brahma)は、ヒンドゥー教の神。三神一体論(トリムルティ)では、三つの重要な神の一人、世界の創造と、次の破壊の後の再創造を担当している。ヒンドゥー教の教典にのっとって苦行を..
Weblog: 神話の世界
Tracked: 2007-10-04 17:41
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。