2006年12月31日

新居探訪

結婚した友人の新居に遊びに行ってきた。
意外とくつろげちゃった。。
学生の頃はお互いの部屋によく遊びに行ったりしていたけど、さすがに結婚したら気軽には行けないよなぁ、と少し遠慮がちに思っていたので、普通に今まで通りコタツに入ってグダグダできた。
うれしいね。
こんな感じなら、また遊びに行けちゃうね。よかったよかった。(おれは…)
ただ、埼玉だからなかなかフラっとっていうわけにはいかんよね。。

夜には近くに住む大学の同期の友人も遊びにきて、久しぶりにワイワイ話せて楽しかったな。
それにみんな頑張っているようで、なかなかいい刺激になったよ。
おれもいっちょがんばるかね。



posted by むら at 02:56| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

ちぐはぐなワラジ

家に帰ってきてテレビをつけたら、サッカーのニュースをやっていた。
でも、「何か違うな」と思ったところ、それは「ブラインドサッカー」の特集だった。
そう、視覚障害を持つ人がするサッカーだ。
そんなスポーツがあるなんて初めて知ったし、そもそも目が見えなくてどうやったらサッカーができるのかと、信じられなかった。
が、多少不恰好ながらも、普通にドリブルし、パスし、シュートを決めている。
すっかり見入ってしまった。

番組(NEWS ZERO)では、ブラインドサッカー日本代表の鳥居選手(なんと15歳)を追ったもので、アルゼンチンでの世界選手権の様子を伝えていた。
日本は第7位に終わってしまっていたが、十分すごい。
ちなみに、昨年のアジア大会(韓国、ベトナム、日本の3カ国参加)で優勝して、世界選手権への切符をつかんでいるのだ。

<ブラインドサッカーについて>
http://www.axaatoutcoeur-japan.com/about.html
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200612/at00011773.html



学生の頃、全盲の子とキャンプをしたことがある。
障害のある子だけでの活動ではなく、普通の子どもキャンプに参加していたので、すごい度胸である。
全盲の子が参加すると聞いて、彼はすごく不安だろうなと最初は思っていた。
いや、むしろ、おれらスタッフがどういう対処をしていいか分からないことが、かなり不安だった。

彼はおれの担当の班ではなかったが、行きのバスで隣りに座ったので、最初に仲良くなれた。
行きの3時間半の車中で、色々話した。
電車が好きだったことを覚えている。
彼の家が葛西か西船橋だったので、営団東西線が大好きで、おれも大学が東西線だったから、話が盛り上がった。
彼は東西線の車掌アナウンスや電車の走る音のモノマネをしていた。
電車全般が好きで、他にも、山手線や京浜東北線のアナウンスや音マネをしてくれた。
そのときは、彼が目が見えないことなんて、全然意識しなかった。

そんな行きのバスでの驚いたエピソードがある。
バスが高速をそろそろ降りようかというところで、スピードを緩めだしたときである。

「高速を降りるんだね」

うん、そうだよ、とおれは言った。別に何とも思わなかった。
でも、彼がその後続けて、

「カーブをぐるっと回った後にスピードが遅くなったから、これから料金所なんだって分かったんだ」

そっか! ただ遅くなるだけだったら、車がつかえたとか、サービスエリアに入るとか、色々あるもんね。
おれは目が見えるから、当たり前のように高速を降りるんだって分かるけれど、目が見えないってことは、そうやって感じるしかないんだよな。
しかも、彼はこのキャンプに初参加で、東京からどれくらいで到着とか知らないはずなんだから、時間的な感覚ではなくて、純粋に身体感覚だけで判断しているんだよな。
そうやって、あれこれ考えて納得しているうちに、いくぶんか間があって、「すごいじゃん!」って言葉を返した。


その後、キャンプ中は班が違うけれど、ちょくちょく声をかけたりした。
声をかけるときは、「○○だよ」って自分の名前(キャンプネーム)を言ってから、話しかける。
いきなり、「●●くん!」って声かけたり、触ったりしたら、ビックリするし、不安になるから。

もう一つ忘れられないエピソードがある。
わら細工でワラジを作る活動のときのこと。
そのときは班行動ではなかったので、彼にはおれが付き添うことになっていた。
目が見えないのに、わら細工なんてできるのかなと、おれは戸惑っていたけれど、いくつかある選択活動から自分で選んだのだから、作る意志はあるんだと思って、できるだけ自分で作らせてあげようと配慮した。
分からないところは手を誘導してあげたり、難しいところはおれがやってあげたりしながら、少しずつ進めていった。

でも、だんだんと、彼のモチベーションは下がっていってしまった。
時間はどんどん過ぎていき、周りの子の「できた!」という声が少しずつ多くなっていき、まだ片足の途中までしかできていない彼は焦り、できないもどかしさにイライラしていた。
さすがに見かねて、おれが手を出す作業が増えていた。

「もうできないよ!」

普段はとても落ち着いている彼が、半泣きでそう言って、ワラジ作りを投げ出してしまった。
おれは、なぐさめることしかできなかった。
心の中では「やっぱり難しかったんだよな・・・ できなくてもしかたないよ」と思いながら。

そんな様子を見て、彼の班のリーダーがやってきて、彼とゆっくり話を始める。
もう一度、続きをがんばってみることになった。
そのリーダーはあまり手を出さず、でもその代わりに、必要以上に事細かに、手順を「ことば」で説明していた。
左手で持っている2本の縄の右の方に、右手の縄を下から回すようにして上に通して、また今度はもう1本の縄の上を通って下にひっぱる・・・という具合に。

おれが教えていたときは、彼の手をおれが持って縄に触れさせ、「この縄を、こうやって通すんだよ」ってな感じで、手で触れさせて作業の手順を教えていた。
それは、彼がまだ小学生だし、言葉でいっぱい言うよりも、手で触って教えた方が伝わると思ったからだが、その先輩リーダーの教え方を隣で見ていて、ハッとした。

彼は目が見えない分、言葉による理解力はすごくあったし、何より耳での判断が一番得意なのだ。
難しくても、「できない」わけではないのだ。
「難しい」という障害になっている部分を、取り除いてあげれば、十分にできるのだ。

作業の時間は終わって、彼のワラジは片足分しかできなかった。
それでも、さっきの表情とは違って、晴れていた。
おれが作っていたワラジの片足をプレゼントして、サイズがちぐはぐな一足のワラジが彼のお土産になった。
















posted by むら at 23:55| 長野 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

テレビっ子

いやぁ、チュートリアルは面白かった!
決勝も最終も2本とも最高。
彼らの漫才は初めて見たけど、ああいう展開なんだね。
徳井はイケメン芸人ランキングの常連なので、あまり気にしてはいなかったけれど、あのテンションはいいね。

個人的には麒麟とトータルテンボスが前から好きだったので、見てて楽しかった。
トータルテンボスは「ハンパねぇっ」のツッコミが好きだから、見たかったなぁ。
笑い飯も好きなんだけど、昨日2005の再放送を見てて、最高に面白かったから、今日のは確かに、ね。。去年のは優勝だと思ったんだけどな。

それにしても、ファイナリストはアマチュアの1組以外は全部吉本なんだねぇ。
主催が吉本なのでしょうがないのかもだけれど、ねぇ?
たしかに、最近吉本芸人が面白いから仕方ないのだよね。
それと、敗者復活にジャリズムがいるのがちょっと笑えた。
解散してからの再結成だから、結成10年以内に入るんだね。
中学高校のころによく見てて笑ったなぁ。
posted by むら at 23:22| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月22日

アナログ

今日はアナログな人に2人出会いました。

先日うちのNPOの活動中に子どもがガラスを割ってしまって、そのお支払いにガラス屋さんに行ったときのこと。
1万円を出したので、そのお釣りの計算が必要なわけなんだけれど、おじちゃんは、机の引き出しからそろばんを取り出して、華麗な指さばきでお釣りをはじき出してくれました。
そろばんを日常的に使っている人に久しぶりに出会えて、何だかうれしくなりました。
ちなみに、机の上には、電卓も置いてありました。。

その後、車を運転していると、またアナログなおじいちゃんに出会いました。
おじいちゃんは自転車に乗って、軽快に僕の前を走っていたのですが、両手離しでバランスを取るときのように、左手をまっすぐ伸ばして、ふらふらしだしたのです。
「おじいちゃんだし、だいじょうぶかなぁ」
と車の運転スピードを落として横を通り過ぎようとしたら、おじちゃんは左手を伸ばしたまんま、左に曲がっていきました。
「なるほど、左手を伸ばしていたのは方向指示の合図だったんだね!」
そのときはじめて合点がいきました。
そういや、教習のときにそんなのも習ったよなぁ。

来年の目標は「すてきなアナログ人間になる」で決まりだな。
posted by むら at 23:33| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

積もうね 積もうね ♪

DCF_0005.jpgDCF_0006.jpg
今日、ようやく雪が積もった!
といっても、明け方に3、4cmほどで、陽が出てからはすぐに溶けてしまったけれどね。
でも、日陰のところは夕方になってもまだ残っていたから、気温は低かったんだね。
これでスキー場も一安心かというところだけれど、これから高気圧がやってくるようで、年内は雪遊びできなさそうな予感だよ。
posted by むら at 22:33| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月16日

賑やかな一日

今日はうちのNPOの地域感謝イベントで、年末恒例のお餅つき大会をしました。
毎週の放課後居場所づくり活動の小学校の子どもたちや、回覧板を回した事務所の近所のご家族、中高生のボランティアも来てくれて、ワイワイ楽しい一日になったよ。

餅はうまいね。残りものの片付けも含めて10個以上食ったな。
切り餅1個でご飯1膳分とかいうけれど、お餅だとどんどん入っていく。
余ったのはずんだ(じんだ)餅が多くて、さすがにちょと飽きてきたけれど。。

今日ももらってきた餅をおしるこにして食べているよ。
おしるこ最高。

IMG_0812.jpg
←女の子たちはお雑煮の野菜を切っているのに、男どもは例の如く火をいじっています…

IMG_0841.jpg近所の保育園児や赤ちゃん連れのお母さんもきてくれました!→




posted by むら at 20:33| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

CMが好き

NEWS23にて今年度のCM大賞をやっていた。
ベスト10で発表されいているうちの、半分は知らないCMだった。
知らないというのは、長野県では放送されていないから!!
その代わり、乙葉のNTTのCMを毎日のように見るよ。安曇野出身だからね。

昔からCMが好きで、よくチェックしていたけれど、やっぱり、そういったものの最先端は東京なんだなぁ、とつくづく実感。
伊那の本屋には、広告批評も宣伝会議も置いていないし。


と、そんなことより、改正教育基本法が通ってしまったじゃないか。
あまり知識がないからヘタなことは言えないけれどさ、率直にヤな感じだね。
こんな重大な事柄を、おれに断りもなしに、さっさと決めやがって。。
たいした議論もされていないし、議論の経過もよく分からないし。

防衛庁の省昇の法案も通って来年から防衛省に格上げになるっていうし、油断ならないね。
このまま来年には憲法改正が実現してしまうんじゃないかね。


「安倍さん、本当に憲法変えちゃう気ですか?」(週刊プレイボーイ)
が、広告批評の新聞広告の第1位になったということだけれど、首相官邸に届く新聞は黒ぬりされたりしてんのかね。
そうじゃなくても、あの人、都合悪いことは見ないだろうな。
posted by むら at 23:55| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

がんばれ松坂

パソコン、意味分からん。
BIOS、IDE、ATA、ウルトラATA、シリアルATA、S−ATAU、e-SATA、DMA、チップセット、サウスブリッジ、デバイスマネージャ、インターフェース、PCIスロット・・・
この数日間で意味不明なたくさんの単語と出会い、別れました。
誰か通訳してくれー!!


天から降ってくるいろんなデータを保存するためにHDDを増設しようと思い、250GBのものを注文して届いたので、さっそく取り付けてみようと思ったら、できない!!

パソコンの中身については全然知識がないけれど、うちのは激安の自作系パソコンなので、中を少しはのぞいたことはある。
DVD−RAMの取り付けは簡単にできたので、HDDも簡単だろうと思って、価格コムの人気のやつを買ったのだが、それがうまくいかん…

マスター/スレーブがどうのということぐらいは、購入前にざっと予習はしていたけれど、届いた商品を見たら、そんなケーブルを差す感じじゃないじゃん!

意味不明なコンピューター用語に苦しみながら、数時間かけてやっと「S−ATAU」対応のHDDだということが分かった。
で、「S−ATAUって、何なんだよ!」っていう憤りを抱きつつも、それ対応のケーブルを買ってきて、これでOKだろうと思ったら、うまくはまらない。。

どうやら、「抜け防止ロック」とかいう親切な金具がついていたのだが、それが邪魔になってうちのパソコンにははまらなかった。
で、今度はナイフを取り出して、丁寧に削って、やっとケーブルをつなぐことができた。
「おれが手先が器用だったから良かったものの…」
なんて具合に、憤りは忘れ、自画自賛してみたりした。(前向きだからね♪)

で、やっとくっついたと思って、電源入れたら、HDDなんてどこにも認識されていませーん。
フォーマットし忘れというありがちな罠があることくらいは、この間のお勉強で知っていたけれど、そうではなく、そもそものBIOSというところでの認識がされていないご様子。

で、これからさらに数時間調べて何となく分かったことは、
「おれのパソコンじゃ、S−ATAはOKだけれど、S−ATAUという第2世代のS−ATAはダメらしい」
ということ…


何だよそりゃ。
古い世代だからって、バカにしてんのかい。

おれだって、これでも松坂世代なんだぞ!
しかも松坂の横浜高校は、家の2駅隣りだよ!!
さらにうちの高校は予選で松坂に当たり、6回でコールドにされてんだ!!!















posted by むら at 23:50| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

サンタ VS イーナちゃん

今日は伊那市の第40回クリスマスお楽しみ会があって、300人の子どもたちが集まってワイワイギャーギャーしていた。
うちのNPOも今年から実行委員会に加わっているので、朝から会場準備、そして本番の出し物などを。
こんなに子どもたちが集まっている状況を、伊那に来てから見たことがなかったので、ただただびっくり。
IMG_0753.jpg
市主催の無料のイベント(プレゼント付き)の集客力に、御見逸れ致しました次第であります。
そして、サンタクロースよりも、イーナちゃんの方が圧倒的に声援が多く、彼の人気っぷりに、認識を新たにした次第であります。
IMG_0759.jpgIMG_0804.jpg


このイベントはうちら実行委員会はまったくのボランティアで、いくらうちがNPOだといっても、当日までの会議や準備、今日の1日の動きなど、なかなかしんどいものがある。
ただ、こうして行政のいろいろに関わっておけば、これから何かとやりやすいかなっていうのもあって。
今年から合併して伊那市になったから、伊那市の方にもつながりをつけとかないといけないからね。
実際、こういう関係で役場の人とも仲良くなって、新しい事業を任せてもらえることになったしさ。(予算的には微々たるものだけれど…)
こうして種をまいておけば、いつかは刈り取ることができるかな♪ニヒヒ。
posted by むら at 19:30| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月06日

健在です

IMG_0738.jpg角煮を作った。かなり久しぶり。
それで、今日は角煮丼。
やばい、うますぎる!



豚の角煮は、学生の頃よく作った。
それで、遊びに来る友人に食べてもらったり。
当時のおれの部屋は「村民」として繁盛していたのだった。
6畳の部屋に10人以上で泊まったこともあったなぁ。
うーん、懐かしい。

そんな角煮だったけれど、小さい鍋で5、6時間もかけて煮ていたので、けっこう大変だった。
それを見かねて、誕生日に友人達から大きい圧力鍋をプレゼントでもらった。
おかげで、豚の角煮が30分でできるように!!
すごく重宝するようになった。

その圧力鍋は、高遠に越して来てからも健在で、というより、かなり使用頻度で大活躍している。
本当にありがたい。

そんなわけで、圧力鍋君の近況報告でした。
posted by むら at 23:20| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月04日

乗り遅れるな

おれが乗るものといったら車くらいのもので、もっといろいろに乗っていけたらいいなぁと思う今日この頃。
そんなわけで、流行に乗ることは得意じゃないけれど、流行は知っていた方がいいなと思うわけ。

「2006年のヒット商品番付」が今年も発表された。
おれがちゃんと流行に乗れたのは何があるかな。

東の横綱:「ニンテンドーDS Lite」と対応ソフト
おれもバッチシ流行に乗っている。初めて会う子どもとは、たいていは「DS持ってる?」で仲良くなれる。

西の大関:mixi
これもバッチシ。登録だけは2年近く前からしていたけれど、確かに今年になってからちゃんとログインするようになったな。

西の前頭5:男前豆腐店
これも食べた。ネットで知ってからしばらくしてこっちのスーパーでも並ぶようになったので、何回か買っている。以前は2つにパックが別れたのに、今はつながっていて、保存に不便なのが残念。

………以上。


やっぱ、すっかり流行に乗り遅れているなぁ。
「TRUE」と「ウイルスセキュリティZERO」にいたっては、今回初めて知ったくらい。
「オシャレ魔女ラブandベリー」は伊那では流行っていません。
「駅ナカ」…うらやましい。だって、高遠駅は駅とは名ばかりのバス停なんだもん。あぁ、電車が恋しい。
『ダ・ヴィンチ・コード』『国家の品格』は読もうとは思ったけれど、そのまんま。言っていることに納得できるか確かめないといかんとは思いつつ。
「黒烏龍茶OTPP」、うちの同僚がよく飲んでいる。おれはまだまだメタボには縁遠いから要らない、っていうのは言い訳で、値段が高くて買う気にならない。
「荒川静香」よりか村主章枝の方がいいなと思っていたので、特になし。安藤美姫はやっぱカワイイ。
「ルックきれいのミスト」のCMソングは、タモさんウォッチングの後、ダラダラしていると、よくCMが流れるので耳にこびりついた。
「TSUBAKI」が頭髪に良いのであれば使ってみたいとは思う…


そんなわけで、流行りモノにアンテナをのばしておかなきゃいかんなと思ったのでした。
田舎にいると、本当にそれが流行っているのかよく分からないんだけどね。

ちなみに、「2006新語・流行語大賞」は全部分かったので、一安心。
posted by むら at 23:25| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月03日

野菜がうまい

3日連チャンで鍋。
昼飯も雑炊にしたりして食っているので、回数的にはもっと。
そして、予定では明日も鍋。

金曜日はシンプルに水炊き。
土曜日は残ったスープに豆乳を投入しての豆乳鍋。
日曜日は牡蠣とあさりを買ってきての、海鮮チゲ(当然激辛)。
月曜日は残りのスープに味噌を入れて、味噌味のチゲにしようかと。

一人暮らしだと、食材が一度に使い切れない。
そのくせ、色んな具材が入っているのが好きだから、たくさん買ってきてしまう。

ξξξξξξξξξξξξξξξξξξξξξ ΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞΞ
↑コレ、何と読むでしょう?
正解:ぐざい。
今、「具材」と変換しようとしたら、これ(ξ Ξ)が出てきてびっくりした。

でも、つくねとか魚介とかは日持ちがしないし、そもそもタイムセールの半額とかを買ってくるから、こうして鍋が続くのである。
まぁ、あまり賞味期限は気にしないんだけれどね。今日のつくねはすでに3日前に期限切れているし。


他に何かいい鍋はないですかー?

ちゃんこも作ろうと思ったけれど、本物のちゃんこを食ったことがないので、何がちゃんこなのか分からないの。
posted by むら at 23:33| 長野 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。