2006年06月27日

来客

窓を開けていたら、小鳥が飛び込んできた。
部屋の中を飛び回ってもなかなか出て行けないようだったので、つかまえて逃がしてあげた。
手に乗せると、意外なことにもすぐに逃げ出さず、しばらくチョコチョコ動き回っていた。
かわいいね。
IMG_7438.jpgIMG_7443.jpgIMG_7454.jpg


ウグイス色しているから、鶯だと思っていたが、さっき調べてみたら、鶯はウグイス色はしていないみたい。
茶色っぽい地味な色が彼の体色で、ウグイス色なのはむしろメジロのようだ。
でも、こいつは目の周りが白くないから、メジロじゃぁないだろうな。
さて、何者なのだか?
posted by むら at 16:00| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最近よく部屋でゲジゲジ(『Wikipedia』より)を見かける。
なんだかすげぇむかつく。
人をバカにしたような動きが。
部屋なのでつぶすのも嫌だし、外へ追っ払うにもすぐに物陰に逃げ込むから、なかなか厄介だ。
そこで編み出した技。
本を買ったときに入れてくれる紙袋(A4封筒サイズの)の口を広げ、ヤツの進行方向に構え、後ろから追う。
すると、ヤツは袋の中へ。
そこですかさず袋の口を閉じ折りたたんで閉じ込め、そのままゴミ箱へGO。
ただし、ここで注意しないといけないのは、すぐに閉じないとヤツは足が速いため、袋の中を歩き回って行き止まりだと思うとすぐに戻って出てきてしまうのだ。
のんびり紙袋をたたもうとすると、手に這い出てくる可能性アリ。
注意事項を守って、みなさんもお試しあれ。

それにしても、ゲジゲジ眉毛とはよく言うが、実際あんなものが瞼の上にくっついていたら、むかついてしょうがない。
昔のどこの誰だか知らないが、とんでもない例えをしてくれたもんだ。
絶対いじめっ子が言い出したんだな。
カメムシ鼻、ゴキブリ瞼、ナメクジ唇、ミミズ千匹…
ああいやだ。
posted by むら at 03:33| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

男泣き

>勝てなかった。厳しい現実にヒデが号泣した。
(『日刊スポーツ』http://germany2006.nikkansports.com/paper/p-sc-tp4-20060624-0022.html

>うわさされた“代表引退”を「次につなげるしかない。まだまだ力が足りない」と号泣の中で否定した形。
(『サンスポ』http://www.sanspo.com/soccer/top/st200606/st2006062401.html

>日本大敗、ヒデ号泣 06ドイツW杯
(『中日スポーツ』http://chuspo.chunichi.co.jp/00/soccer/20060624/spon____soccer__006.shtml


中田ヒデは号泣していたのか!?
テレビじゃよく分からないけれど、どうみてもあれは号泣じゃないよね?
朝日、読売などの普通紙では「涙を流す」「涙にむせぶ」とかの表現だったし。

ごう‐きゅう〔ガウキフ〕【号泣】
[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって―する」
(『Yahoo!辞書』http://dic.yahoo.co.jp/bin/dsearch?index=05966100&p=%B9%E6%B5%E3&dtype=0&stype=1&dname=0na&pagenum=1

posted by むら at 17:58| 長野 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

夏らしく

今日は毎週やっている地元小学校の放課後の居場所作りの日。
今日はお昼までの授業ということで、1時から6時まで子ども達と遊びっぱなし。
せっかくたっぷり時間があるから、スペシャルバージョンで「アウトドアなおやつづくり」をしました。

空き缶ポップコーン&棒パン!
やっぱ、こういうのって楽しいね。
今じゃ立場上仕切らなきゃいけないのが面倒くさいけれど、みんなでワイワイやれるのは楽しい。
d0023309_029241.jpgIMG_8573.jpg

ところで、学年が変わって、去年まで参加してくれていた子があまり来なくなっちゃって、かなり寂しかったんだけれど、今日は新たに1、2年生の子がたくさん集まってくれて嬉しかったなぁ。
なんだか、ここの子は3年生以上になると忙しいみたい。
習い事、スポーツクラブ、などなどにほとんどの子が入るみたい。
小学生250人位の町なのに、地域の少年スポーツクラブがたくさんある。
野球もサッカーもバスケもバレーもお囃子クラブも色々色々あって、そうするとそれぞれでメンバーが集まらないとチームが成立しないから、友達が友達に連れられ、小3以上の多くの子が何かしらのクラブに入っているみたい。

先日、地域の育成会の方やPTAの方々と会合を持たせてもらったんだけれど、大人の口々に「今は頑張って何か企画しても、子どもは集まらんよ」って言われてしまい、だいぶ気持ちも萎えてしまった。。
けして投げやりとか批判的な言い方じゃなくて、すごく親身になってくれるんだけれど、みなさんそれぞれ取り組んできての実感みたい。
「そんなに思いを持ってやってくれるのはいいことだけれど、参加者が集まらなかったって、失敗だと思わないようにね。20人も参加者があるのは逆にすごいことだよ」って、言われちゃった。
「お祭りみたいに動員かけななければ、子ども達も忙しいから、そうそう集まらない」んだって。。

子ども達が忙しいからこそ、こうしてのびのびと遊べるところを作ってあげたいんだけどなぁ。

posted by むら at 02:26| 長野 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

スマイル

ししとうのヘタを取ったら、にこちゃんマークがでてきた!
他のを見てもなかったので、たぶんラキーなことなんだろうな。
茶柱よりも嬉しいね。眉毛のあるコアラのマーチよりも。
IMG_8562.jpg

ししとうって美味しいよね。
でも、子どものころは好きじゃなかったな。たしかにちょっぴり大人の味だよね。
今が旬のししとう。
最近スープカレーをよく作ていて、ししとう、ナス、じゃがいもなどを素揚げして盛り付けしているんだけれど、先日洗ったししとうにたまっていた水がはねて、ナベから天井ファイヤーしちゃいました!
すっげぇー興奮!!フランベの比じゃないね、あれは。
もう一度安全に天井ファイヤーをやりたいぜ。

先日あるある大辞典でししとうの美肌パワーをやっていたね。
中のワタを取っちゃいけないんだって。そこに何やらすっげぇ栄養素があるらしいから。
おれ、いつもピーマンと一緒で、中のワタと種とっちゃっていたよ。。
でもそういえば、串焼きのししとうってそのままだよね。
たしか、バナナも皮との間にあるヒモみたいなヤツが栄養あるらしいし、卵の黄身の横に付いている白いニョロっとしたやつも、栄養があるんだよね。
じゃまに思うやつほどすごい力を秘めているもんなんだね。
おれの右手小指の腹に10年近くある魚の目みたいなやつにも、何か意味があるのかもな。

あ、ロッテ、今年も交流戦優勝したね!
posted by むら at 23:34| 長野 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

まだ続く読書月間

「現実論は時に、将来の指針を持たないただの現状肯定派になる」
(『ダイスをころがせ!(上)』真保裕一 より)

人は批判をするとき、批判的思考性が強ければ強いほど相手を論破したいがために説得力のある現実論を持ち出すが、批判は批判でしかなく、ときに批判のための批判になり、現実の課題を変えるどころか不満足な現実を黙認することになる。
現実が素晴らしいものになってしまったら、お手軽な批判の対象がなくなってしまうからだろうか。

嗚呼、現実論に毒されたおれの脳味噌をなんとかしなくては。
posted by むら at 01:15| 長野 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

坊主

IMG_7429.jpg
これ何だか分かりますかー?

買ってきたまま放っておいたら、花が咲いちゃいました。
やっぱ春は成長が早いね。
このまえ初めて聞いたんだけれど、咲き始めのときなら天麩羅にするとおいしいんだって。意外ー。

「おー、らっしゃい!ネギ坊主!」
懐かしい響きだねぇ。コロ助なりー。


posted by むら at 01:19| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。